【C#】クラスの基本と使い方

C#

クラスはオブジェクト指向プログラミングの基本的な概念であり、データとそれに関連するメソッド(操作命令)を組み合わせたものです。

クラスの基本構造

以下はクラスのサンプルです。説明はコード内コメントを参照ください。

using System;

class Person
{
    // フィールド(クラス内で使用される変数)
    string myName;
    int myAge;

    // プロパティ(クラス外に公開する値)
    public string Name
    {
        get { return myName; }
        //set { myName = value; }  // 外部からの更新を許可する場合は有効にする
    }
    public int Age
    {
        get { return myAge; }
        //set { myAge = value; }  // 外部からの更新を許可する場合は有効にする
    }

    // コンストラクタ(クラスのインスタンスを初期化する特殊なメソッド)
    public Person(string name, int age)
    {
        myName = name;
        myAge = age;
    }

    // メソッド(クラスが実行できる動作)
    public void Introduce()
    {
        // 自己紹介する
        Console.WriteLine($"こんにちは、私の名前は{myName}で、{myAge}歳です。");
    }
}

class Program
{
    static void Main()
    {
        // クラスのインスタンス化
        Person person1 = new Person("太郎", 25);
        Person person2 = new Person("花子", 30);

        // インスタンスの利用
        person1.Introduce();
        person2.Introduce();
    }
}
タイトルとURLをコピーしました