【C#】ループ処理の種類と使い分け

C#

プログラミングにおいてループ処理は非常に重要です。この記事では、C#で使用される主なループ処理の種類とその特徴、使い分けについて説明します。

forループ

forループは、繰り返し回数が明確な場合に最もよく使用されます。例えば、配列やリストのすべての要素にアクセスする場合などです。

for (int i = 0; i < 10; i++) {
    Console.WriteLine(i);
}

foreachループ

foreachループは、コレクションの各要素に対して操作を行う際に使用されます。配列やリストなど、反復可能なオブジェクトに対して非常に便利です。

string[] fruits = { "apple", "banana", "cherry" };
foreach (string fruit in fruits) {
    Console.WriteLine(fruit);
}

whileループ

whileループは、特定の条件が満たされている間、ループを続ける場合に使用されます。条件が事前に不明な場合や、ループの回数が不定な場合に適しています。

int number = 0;
while (number < 5) {
    Console.WriteLine(number);
    number++;
}

do-whileループ

do-whileループは、whileループと似ていますが、少なくとも一度はループの中身が実行される点が異なります。条件を後で評価するため、初回のループ実行が保証されます。

int count = 0;
do {
    Console.WriteLine(count);
    count++;
} while (count < 5);

まとめ

C#にはさまざまなループ処理があります。それぞれの特徴を理解し、目的に応じて適切なループを選択することが大切です。繰り返し回数が明確な場合はforループ、コレクションを扱う場合はforeachループ、条件に基づいてループを制御したい場合はwhileループやdo-whileループを利用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました