【C#】分岐処理(if文、else文、三項演算子)

C#

プログラミングにおいて、条件に応じて異なる処理を行うことは非常に重要です。C#では、このような条件分岐を行うためにif文やelse文、そして三項演算子を使用します。

if文の基本

if文は、条件が真(true)の場合にのみ、処理を実行します。

int number = 10;

if (number > 5) {
    Console.WriteLine("数値は5より大きいです。");
}

この例では、numberが5より大きい場合にのみ、メッセージが表示されます。

else文の追加

if文にelseブロックを追加することで、条件が偽(false)の場合の処理を定義できます。

int number = 3;

if (number > 5) {
    Console.WriteLine("数値は5より大きいです。");
} else {
    Console.WriteLine("数値は5以下です。");
}

特殊な分岐:三項演算子

三項演算子は、単純なif-else文をより短い形式で書く方法です。
その構文は条件 ? 真の場合の値 : 偽の場合の値となります。

int number = 7;

string result = number > 5 ? "数値は5より大きいです。" : "数値は5以下です。";
Console.WriteLine(result);

まとめ

if文とelse文、そして三項演算子は、C#での条件分岐を表現する基本的な構文です。これらを使いこなすことで、プログラムの流れを柔軟に制御できるようになります。練習を重ね、これらの構文に慣れていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました