【C#】「ファイルを開く」「ファイルを保存する」ダイアログの使用方法

C#

解説はサンプルコード内コメントを参照ください。

ファイルを開くダイアログのサンプル

フォームにボタンbtnOpenFileを配置。
クリックイベントを下記のように記述してください。

private void btnOpenFile_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // 「ファイルを開く」ダイアログのインスタンスを作成
    OpenFileDialog openFileDialog = new OpenFileDialog();

    // ダイアログの設定
    openFileDialog.InitialDirectory = "c:\\"; // 初期フォルダをCドライブに設定
    openFileDialog.Filter = "テキストファイル (*.txt)|*.txt|すべてのファイル (*.*)|*.*"; // フィルターを設定
    openFileDialog.FilterIndex = 1; // デフォルトのフィルターインデックスを設定
    openFileDialog.RestoreDirectory = true; // ダイアログが閉じられた後もディレクトリを元に戻す

    // ダイアログを表示
    if (openFileDialog.ShowDialog() == DialogResult.OK)
    {
        // 選択されたファイルパスを取得
        string filePath = openFileDialog.FileName;

        // ★ファイルパスを使用する処理をここに記述する
        MessageBox.Show("選択されたファイル: " + filePath);
    }
}

ファイルを保存するダイアログのサンプル

フォームにボタンbtnSaveFileを配置。
クリックイベントを下記のように記述してください。

private void btnSaveFile_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // 「ファイルを保存する」ダイアログのインスタンスを作成
    SaveFileDialog saveFileDialog = new SaveFileDialog();

    // ダイアログの設定
    saveFileDialog.InitialDirectory = "c:\\"; // 初期フォルダをCドライブに設定
    saveFileDialog.Filter = "テキストファイル (*.txt)|*.txt|すべてのファイル (*.*)|*.*"; // フィルターを設定
    saveFileDialog.FilterIndex = 1; // デフォルトのフィルターインデックスを設定
    saveFileDialog.RestoreDirectory = true; // ダイアログが閉じられた後もディレクトリを元に戻す

    // ダイアログを表示
    if (saveFileDialog.ShowDialog() == DialogResult.OK)
    {
        // 選択されたファイルパスを取得
        string filePath = saveFileDialog.FileName;

        // ★ファイルにデータを書き込む処理をここに記述する
        MessageBox.Show("保存先ファイル: " + filePath);
    }
}
タイトルとURLをコピーしました