【C#】csvファイルを読み込み二次元配列のように扱う

C#

CSVファイルを読み込んで、その内容を配列に二次元配列のように扱うシンプルな例です。

サンプルコード

ポイントは、文字列配列型を持つリストを使うところです。

var csvData = new List<string[]>();
using System;
using System.IO;
using System.Collections.Generic;   // List

class Program
{
    static void Main()
    {
        string filePath = @"C:\path\to\your\file.txt";
        var csvData = new List<string[]>();

        try
        {
            // csvファイルをリストに格納
            using (StreamReader reader = new StreamReader(filePath))
            {
                string line;
                while ((line = reader.ReadLine()) != null)
                {
                    string[] fields = line.Split(',');
                    csvData.Add(fields);
                }
            }

            // csvファイル内のデータを使用
            Console.WriteLine($"csvData[0][0] = {csvData[0][0]}");   // csvの1行目、1列目を表示
            Console.WriteLine($"csvData[1][1] = {csvData[1][1]}");   // csvの2行目、2列目を表示
        }
        catch (Exception ex)
        {
            Console.WriteLine("エラーが発生しました: " + ex.Message);
        }
    }
}
タイトルとURLをコピーしました