バッチファイルで確認メッセージを表示せずファイルを削除する方法

バッチファイル

バッチファイルでファイルを削除する処理を実行する際、以下のメッセージに遭遇することがあります。

C:\example>del file.txt
C:\example\file.txt
アクセスが拒否されました。

このようなメッセージは、ファイルが読み取り専用の場合に表示されますが、バッチファイルにおいては無条件で削除したいこともあると思います。

この記事では、バッチファイルを使って指定したファイルを確認メッセージを表示させずに削除する方法を紹介します。

サンプルコード

指定ファイルを確認メッセージを表示せず削除するサンプルコードです。パスは、絶対パス/相対パスのどちらでも指定可能です。

以下は、ファイル C:\example\file.txt を削除する例です。

del /f /q C:\example\file.txt
  • /f オプションは、読み取り専用ファイルを強制的に削除するために使用します。
  • /q オプションは、各ファイルの削除時に確認メッセージを表示しないようにします(quiet)。

注意点

  • delコマンドを使用する際には、削除するファイルのパスを正確に指定することが重要です。誤ったファイルを削除してしまうと、データを復元することが難しくなる場合があります。
  • ファイル削除は元に戻すことができない操作であるため、実行する前には削除対象が正しいことを再確認してください。
  • バッチファイルを利用して大量のファイルや重要なファイルを削除する場合は、特に慎重に操作を行いましょう。

まとめ

本記事では、バッチファイルを使って指定したファイルを確認メッセージを表示させずに削除する方法を紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました