【C#】文字列の前後から余分な空白を削除する(トリミング)

C#

プログラミングにおいて、文字列を扱う際によく行われる操作の一つが「トリミング」です。C#では、Stringクラスのメソッドを利用して、簡単に文字列の前後から不要な空白や特定の文字を削除することができます。

文字列の前後両方をトリミング

Trimメソッドを使用すると、文字列の先頭と末尾から空白文字を削除できます。

string original = "  こんにちは、世界!  ";
string trimmed = original.Trim();  // trimmedには "こんにちは、世界!" が入る

文字列の先頭からトリミング

TrimStartメソッドを使用すると、文字列の先頭の空白文字だけを削除できます。

string original = "  こんにちは、世界!  ";
string trimmed = original.TrimStart();  // trimmedには "こんにちは、世界!  " が入る

文字列の末尾からトリミング

TrimEndメソッドを使用すると、文字列の末尾の空白文字だけを削除できます。

string original = "  こんにちは、世界!  ";
string trimmed = original.TrimEnd();   // trimmedには "  こんにちは、世界!" が入る

タイトルとURLをコピーしました