バッチファイル

バッチファイル

【bat】Windowsの作業を自動化する(バッチファイル)

コンピュータ作業の自動化は、時間を節約し、繰り返しの作業を効率化できます。この記事では、Windows環境における自動化の基本的なツールであるバッチファイルについて紹介します。 バッチファイルとは? バッチファイル(.batファイル)は、一...
バッチファイル

【bat】バッチファイル文字列の分割、結合、切り出し(SplitやSubstring的な処理)

本記事では、バッチファイルの環境変数に格納された文字列の分割、結合、切り出し方法のサンプルを紹介します。(特にfor文はbat特有の癖があり自分自身も覚えきれずメモ書きとして残します) 文字列の分割(Split的な動作) 環境変数の文字列を...
バッチファイル

【エラー】’CommandName’ は、内部コマンドまたは外部コマンドとして認識されていません

Windowsのコンソール(コマンドプロンプトやPowerShellなど)で作業をしている際に、「'CommandName' は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。」というエ...
バッチファイル

【bat】バッチファイルのエラー ( の使い方が誤っています。について

エラーが発生するサンプルコード 私は、バッチファイルにおいて引数が空文字列かどうかを判定する処理を記述する際に、よくこのエラーを発生させていました。 @echo off rem 引数1の値をチェック IF "%1"=="" ( echo a...
バッチファイル

【bat】バッチファイルで引数や環境変数が空かどうかを判定する方法

バッチファイルを使用する際、スクリプトが正しく動作するためには引数などの環境変数の値をチェックし、期待する値が設定されているかどうかを確認することが重要です。特に、変数が空の場合に特定のアクションを取りたいときには、このチェックが不可欠です...
バッチファイル

【bat】バッチファイルで外部コマンドを同期/非同期で実行する

この記事では、バッチファイルを使用して外部コマンドを同期実行および非同期実行する方法を紹介します。 同期実行 同期実行とは、外部コマンドが完了するまでバッチ処理を待機する実行方法です。これは、処理の順序を厳格に制御する必要がある場合に便利で...
バッチファイル

【bat】バッチファイル内でサブルーチンを使用する方法

バッチファイル内でコードを再利用するための一つの方法は、サブルーチンを使用することです。これにより、コードの重複を減らし、読みやすく、管理しやすいバッチファイルを作成できます。 本記事では、サブルーチンの書き方や、サブルーチンに引数を渡す方...
バッチファイル

【bat】exit と exit /b の違い

バッチファイルの終了方法には、exit と exit /b があります。本記事では、バッチファイルの終了方法の違いについて紹介します。 exit コマンド exit コマンドを実行すると、現在のコマンドプロンプトウィンドウが閉じられます。ス...
バッチファイル

【bat】コマンド終了コードによる処理分岐

バッチファイル(.bat)を使用してWindowsでスクリプトを書く際、コマンドの実行結果に基づいて異なるアクションを実行したい場合、コマンドの終了コード(またはエラーコード)を利用します。 終了コードは、直前のコマンドの実行結果を格納して...
バッチファイル

【bat】バッチファイルで終了コードを返す方法

バッチファイルが正常に完了したか、またはエラーが発生したかを呼び出し元のプログラム、バッチファイル、スクリプトに知らせる必要がある場合に「終了コード」を使用します。「終了コード」は関数の戻り値のように機能します。 本記事では、バッチファイル...