バッチファイル内でサブルーチンを使用する方法

バッチファイル

バッチファイル内でコードを再利用するための一つの方法は、サブルーチンを使用することです。これにより、コードの重複を減らし、読みやすく、管理しやすいバッチファイルを作成できます。

本記事では、サブルーチンの書き方や、サブルーチンに引数を渡す方法や戻り値を受け取る方法などを紹介します。

サンプルコード

call :ラベル でサブルーチンを呼び出すことができます。
サブルーチン側は :ラベル から始まり最後に exit /b で処理を終了します。

@echo off

rem メインプログラム

rem 引数を作成
set "arg1=Hello"
set "arg2=World"

call :Subroutine  %arg1%  %arg2%
echo 戻り値: %errorlevel%

pause
goto :eof

rem サブルーチン
:Subroutine

rem 引数を表示
echo %1 %2

exit /b 0

実行結果

R:\work>"sample.bat"
Hello World
戻り値: 0
続行するには何かキーを押してください . . .
タイトルとURLをコピーしました